UA-124345658-1

2020年04月20日

シャープ  マスク販売のお知らせ 

シャープは20日、三重県の自社工場で製造したマスクを21日午前10時からネットで販売すると発表した。1箱50枚入りで税別2980円。送料が全国一律660円かかる。当面は1日あたり3千箱を販売する。生産体制が整い次第、1万箱に増やす方針だという。



注文受付、詳細はこちら

価格は、送料込みで 3,640円 となる。

楽天市場の価格とあまり変わらない。
日本製なのでもっと高価となる予想をしただけに嬉しい。

ただし、

在庫状況に応じて、一定期間にご購入いただける数量を、お一人様1箱(50枚入り)限りとさせていただきます。
現時点では、購入日含め3日間は再購入をお断りさせていただきます。

ということです。

全国でもこういう取り組みが拡大されている。
このウィルス収拾後にも活用しつづけられるようにしてほしい。
材料が安価にできる仕組みを作り、海外産と対抗し、国化の安保につなげてほしい。



posted by しずさん at 19:09 | Comment(0) | コロナウィルスとは

コロナウィルス どのように感染するのか その予防法とは

新型コロナウィルについて展開していく上で、新型コロナウィルスとは何かを知ること。

厚生労働省のホームページ

から


そして、そこからの


で見たほうがわかりやすいと思う。

そして、問1 「新型コロナウイルス」とは、どのようなウイルスですか。を見てきたが、

次に問2 新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか。の問いに

一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。
「飛沫感染」とは: 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
「接触感染」とは: 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

とあり、略して

新型コロナウイルス感染症の予防

問1 感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか

という質問に対して、

 感染を予防するためには、基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の自粛、「3つの密」を避けること等が重要です。
 これまでに国内で感染が確認された方のうち重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていない一方で、一定の条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に、1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。

3つの密を避けるための手引き
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html#c5

 また、これ以外の場であっても、人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うことにはリスクが存在すると考えられています。激しい呼気や大きな声を伴う運動についても感染リスクがある可能性が指摘されています。多くの場合、ライブハウス、スポーツジム、医療機関、さらに最近になって繁華街の接待を伴う飲食店等におけるクラスターでの感染拡大が指摘されています。

 なお、本年4月から、望まない受動喫煙を防止するための改正健康増進法が全面施行され、原則屋内禁煙となっています。事業者は、屋外喫煙所や屋内の喫煙専用室を設けることも可能ですが、これらの場所では距離が近づかざるを得ない場合があるため、会話や、携帯電話による通話を慎むようお願いします。

注)詳しくはこちらhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html

 新型コロナウイルス感染症は、一般的な状況における感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染ですが、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。また、無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。
 人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりすることで、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。

 これらの状況を踏まえ、「3つの密」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。

とつながるのである。

そして、賛否両論あるがマスクの配布となる。
今後、マスクの備蓄は必至となるでしょう。
ここでのポイントは、各戸に行きわたるか。それによりコロナウィルスの脅威を認識し、マスクの重要性も認識されること。マスク到着後の評価も届いているという証で、十分国民に認識される効果となる。マスクの販売に関して、私もアマゾンで注文してみた。2社に4月上旬に注文しましたが、到着予定すぎてキャンセル通知1社、発送メールあり、到着予定を10日過ぎているのが1社で、いづれも香港とか海外の会社です。アマゾンは、その後マスク販売していません。その点、楽天は数多く販売しています。価格が高いと言っても、海外で作らせているのだから、時価となるでしょう。私の注目しているのは、町の服屋さんとかで作成してきているマスクです。全国に広まっていくとマスク騒動も落ち着くし、使い捨てを使用しなければならない用途以外を除き、再使用できるものは、今の環境問題にもマッチしています。やはり、民間からの英知が必要です。そうやって日本は作り上げられてきたのだと思います。

そして、マスクの効果ですが、
全戸配布の事業についてから
問3 布製マスクに効果はあるのですか?

この問いには、

布製マスクには以下のような効果があると考えています。
@せきやくしゃみなどの飛散を防ぐ効果があることや、手指を口や鼻に触れるのを防ぐことから、感染拡大を防止する効果。
Aマスクの着用により、喉・鼻などの呼吸器を湿潤させることで風邪等に罹患しにくくなる効果。
B洗濯することで繰り返し利用することができるため、店頭でマスクが手に入らないことに対する国民の皆様の不安の解消や、増加しているマスク需要の抑制により、医療機関や高齢者施設などマスクの着用が不可欠な方々にしっかり必要な量を届けるという効果。

とされています。

マスクの効果に関しても賛否両論ありますが、今回のマスク着用で花粉症が軽減されたこと。私は、給食関連で仕事していたとき、マスク着用でしたが、マスクをかける耳の辺りが負けて出血し、今もその後遺症があるのですが、今期、マスクを着用した結果、テッシュペーパー使用量は、格段に減ったことを評価しています。マスクの効果は侮れません。耳にやさしいマスクもあるようで、今後手に入れば、毎年着用したいです。
posted by しずさん at 16:54 | Comment(0) | コロナウィルスとは

コロナウィルス 手洗いが必要な理由 働かないのではない

新型コロナウィルについて展開していく上で、新型コロナウィルスとは何かを知ること。

厚生労働省のホームページ

から


そして、そこからの


で見たほうがわかりやすいと思う。

問1 「新型コロナウイルス」とは、どのようなウイルスですか。

新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです。コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。
 ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。
 ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。ただし、物の種類によっては24時間〜72時間くらい感染する力をもつと言われています。
 手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効ですし、石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、更に有効です。手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等に汚れが残りやすいといわれていますので、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要です。また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。

そこで、手洗いが必要ということが導かれます。そして、石鹸はなくなりませんが、手指用消毒アルコールの品不足とか盗難が起きている理由もわかります。表現のニュワンスで ~と言われています には注意しなければなりません。

今日のテレビで、コロナウィルスにより働かない人という表現は誤っていると思います。働きたいけど働けない人です。無収入になるのですよ。儲かるところと儲からないところという表現も好きではありません。バランスがとれなくなってきているという表現もありだと思います。例えば、今は多忙になり人手が必要で採用したとしましょう。鎮静化した場合、余剰となるでしょう。今は、マスク不足とか不足物の量産体制、しかし鎮静化した場合、物があふれることになったらどうでしょう。飲食店を活用自粛でスーパーの買い物は増えますが、鎮静化されたらどうでしょう。だから、コロナウィルスの影響をまだ受けていない人がいるかもしれませんが今後は未知数なのです。1、2ケ月前は、中国での発生で、対岸の火事だと思っていましたが、それがとうとう休職の状態です。連鎖がどこまで続くかは未知数です。

段階を追ってコメントもしていきたいと思います。
posted by しずさん at 13:24 | Comment(0) | コロナウィルスとは